お問い合わせ
メニュー

従業員が幸せになる会社づくりをテーマにした社長ブログ

日本一社員にやさしい会社に! ③株式会社協和

「強くてやさしい会社」を目指して経営されている株式会社協和。

前回は、協和の「社員を大切にする取り組み」について紹介しました。

 

今回は、その続き。社員を大切にする取り組みを続けるための「強さ」

にあたる実施策を紹介します。

 

(㈱協和の経営理念)

 

①社員持株制度

当社では社員持株制度を採用しており、

社員にも「株主配当」として利益を分配しています。

 

もちろん、株主総会を開き、社内の情報はすべて開示。

ですから「会社の収益が何に使われているか?」が株主である社員に

オープンになっています。

 

利益=自分たちのこと

・・・この「経営参画意識」が、「やさしさ」だけでない、

「強い」組織の源泉にもつながっています。

 

②理念・考え方の刷り込み

自社の「経営理念」や「会社の価値観」に関する話は、

毎日の朝礼時に若松専務自身が全社員に向けて話されます。

そして、その内容は併せてメールでも発信されます。

 

この毎日毎日の理念・価値観の刷り込み・・・

当社では、これを特に重要視しています。

 

また月に1回程度、会議室でビールを飲みながら、

「会社の意義」や「社会的責任」などをテーマに話し合う場も

設けています。

 

こうした会社の理念・考え方の浸透が

「強い会社」づくりに大いにつながっていそうです。

 

③採用基準も「理念」と「価値観」

新入社員を採用する際の基準は、「経営理念に賛同するか」

「当社の価値観に合うか」という点だそうです。

 

最近では、「グッドデザイン賞19回」「障がい者用のランドセル」等、

マスコミに出る機会も増えており、たくさんの優秀な人財が、

入社を希望され集まってこられます。

ですが、採用基準は「学歴」や「スキル」でなく、

「理念・価値観への共感・賛同」

こうして採用時から同じ理念・価値観を持った人財にこだわり、

同じ想いを持ったメンバーを増やしていくことが、

「強い会社づくり」に大いにつながっているといえるでしょう。

 

 

・・・以上、「やさしさ」だけでなく「強さ」も兼ね備えた協和。

今後もさまざまな展開を検討されているようです。

 

まさに「従業員が幸せになる会社づくり」を実践されていますね。

ぜひ皆さんの経営においてもヒントにしてください!

コメントを残す

このページの先頭へ