「2012年10月」の記事一覧

お電話はこちら
お問い合わせフォーム
メニュー

2012年10月の投稿

日本でいちばん大切にしたい会社とは

法政大学の坂本光司教授の著書です。

坂本教授の主張している「正しい経営」を実践している企業が事例形式で紹介されています。

「正しい経営」とは、「人を大切にする経営」を指しており、とりわけ以下のポイントを重視されています。

「人を大切にする経営」の「人」とは、この地球上に住むすべての人々を指しますが、企業関係者がとりわけ大切にしなければならないのは、また、そのしあわせづくりに力を注がなければならないのは五人の「人」です。

その五人の一人目は「社員とその家族」、二人目は「社外社員とその家族」、三人目は「現在顧客と未来顧客」、四人目は「障がい者や高齢者などの社会的弱者」、そして五人目は「出資者・支援者」です。

ところが現実には、多くの経営者が、業績重視・成長重視・シェア重視・ランキング重視といった、間違った経営をしているようにみえます。業績や成長は正しい経営を行なっているかどうかの結果の現象であり、目的にしてはならないのです。
(以上、日本でいちばん大切にしたい会社3、はじめにより抜粋)


従業員が幸せになる会社づくりへのお問い合わせはこちら