昨日は支援先の若手社員研修。
といっても本日の講師は私ではなく、今夏にリーダー研修をさせていただいた社内講師の方。
・・・ということで、私はあくまでもオブザーバーとして参加しました。

今回のテーマは「会社の数字」。数あるテーマの中でもかなり教えづらい内容です。しかし・・・
適宜ワークを織り交ぜたり、受講生を巻き込んだりしながら、初めてとは思えないほど上手に講義を進めておられました。

講義終了後、講師をされた方は・・・
「会社に入って初めてこんなに勉強しました!」
「人に伝えること・教えることの難しさがよーくわかりました!」
とコメントされていました。

受講者である若手社員の方々はもちろん、それ以上にリーダークラスである講師の方にとって勉強になる・・・当初の狙い通りでした。

リーダークラスは外部講師から学び、若手社員は社内講師から学ぶ・・・
こうした「人財が育つしくみ」が今後も定着していくことを大いに期待しています。