ECサイトってなに?どんな種類・分類があるのかまとめてみた

こんにちは、社員のやまだです
お久しぶりです(^^)
近頃「ECサイトってなんだろう」というのが気になり、
基礎的なところを固めてみようと思ったので、まとめてみました!

目次

1.ECサイトとは

ECとは、[Electronic Commerce]の略で、日本語では「電子商取引」と訳されます。
ECサイトとは、インターネット上で商品・サービスの売買ができるサイトを指します。
身近な例だと、楽天市場、Amazon、メルカリなどもそうですね。
いまやリアル店舗との客の取り合いにまで発展するほど、
買い物の方法として主流になっています。

メリット

・物理的制約に制限されない(だれでも、いつでも購入できる)

デメリット

1)個人情報の取扱いが難しい
 ・売る側にとって…顧客の個人情報の管理責任が発生する。セキュリティを考えるとコストがかかる。
 ・買う側にとって…ネットで個人情報を提供するのが不安。もし悪用されたら…というリスクが発生する。
2)トラブルが起こりやすい(現物を見ずに、情報が少ない中で購入す
るから)

2.ECサイトの分類

B to B

企業と一般消費者の間での商取引
例)アスクルなど

B to C

企業間の購買取引
例)楽天市場、Amazonなど

C to C

個人間の取引
例)メルカリ、ヤフオクなど

3.ECサイトの作り方

モール

例)楽天市場、Amazon など
現実で例えると、ショッピングモールのようなものです。人が集まっているところに、自分の店を構えるのが「モール」という選択肢です。
モールの「検索機能」からユーザーが自主的に検索したり、
モールのカテゴリ区分から地道に進んで貰うことで、運命的にあなたのお店や商品を見つけ出してくれるかもしれません。
ですが、モール内は非常に競合数は膨大で、差別化することも用意ではありません。その中で商売をするためには、競合に勝つ必要があります。
より目立つようにするために、高い広告費を払って集客しているお店も少なくありません。

モール以外でECサイトを作る方法

放ってたら誰も気付いてくれないので、お客様は自分で集める必要があります。

オープンソース

ソフトウェアのソースコードが無償で公開され、改良や再配布を行うことが誰でもソフトウェアのことです。
オープンソースの代表格といえば、おそらく「WordPress」でしょう。
・自分の管理下にあるサーバーにインストールして利用するものです。
・無料で利用できます。(有料の機能・オプションを追加すれば、お金がかかります。)
・運営にはある程度のスキルが必要になりますので、時間・人的な余裕がないと導入は難しいと言えます。
・代表的なオープンソースECは、「EC-CUBE」です。使い方などが掲載された書籍も出版されているので比較的始めやすいです。また、プラグインを追加すれば任意の機能が追加できるのも魅力です。

パッケージソフト

パッケージは、小さいものから大きいものまで自由にカスタマイズが可能です。
お金をかければ限りなく理想に近いECサイトを作ることができます。
ただ、やはりカスタマイズには費用がかかります。
例)ecbeing、えびすマート、EC-Orange、コマース21、SI Web Shopping、

フルスクラッチ

自分で、0から、ECサイトをつくる方法を指します。
膨大な費用と時間がかかってしまうので、個人でECサイトを始めたいという方にはお勧めできません・・
また、PCが主流の時代からスマホが台頭してからは「レスポンシブデザイン」が不可欠といっても過言ではありません。そのような市場の変化に対応するのも、すべて自分の力で行わなければなりません。

ASP

ASPとは[Application Service Provider]の略ですが、あまりにも覚えにくいですね。(笑)
業務用アプリケーションソフトの機能をネットワーク経由で顧客に提供するサービスを指します。
つまり、サービス提供元のサーバーの中に入っているアプリケーションシステムに、ネットを通じてアカウントを作ってログインし、使わせて貰ってるような感じです。
・HPがあっても、ECサイトは別ドメインになってしまう。
・デザインテンプレートがたくさんあり、デザインなど様々なカスタムも出来ます。(サービスによって大きく変わります)
・一番手間がかかりません。ラクです。

ECサイト用ASPの主な3サービス

カラーミーショップ

・月額 エコノミー 900円/レギュラー 3,240円/ラージ 7,800円
  + 初期費用3,240円
・販売手数料・決済手数料:0円(支払い方法によってはかかる

STORES

・商品5つまでなら月額無料/プレミアム会員:月額980円
・販売手数料・決済手数料:5%

BASE

・月額費用・初期費用:0円
・販売手数料・決済手数料:3.6%+40円

4.ECサイトを作る際注意すきこと

信頼してもらえるサイトに

ネットでの買い物は、知らない人から物を買うことでもあります。
できるだけ警戒されないよう、身元を証明する情報をわかり易い場所に掲載することが大切です。

購入までの流れは分かりやすく

商品をカートに入れた後の購入の流れをしっかりと説明されていると、ユーザーは迷うこと無く購入できます。
もしユーザーを迷わせてしまうと、途中で離脱されて、別の所で買い物されてしまいます。そうなると、2度と利用してもらえなくなる可能性大です。

商品の写真は魅力が伝わるように

現物を手に取らずに、ネットからの情報だけで購入を決断してもらわなければなりません。
そのため、商品をしっかりユーザーにイメージしてもらえるように、どんな商品なのかが分かる写真を載せることが大切です。

5.まとめ

・ ECサイトとは、商品・サービスの売買ができるサイトのこと。
・モールで出店、それ以外で出店、、色んなやり方がある。
・そだてるのお客様がネットで直接販売したいという場合は、規模が大きくなければAPSをおすすめしている。
・ECを作った後、一般人(ターゲット)の目に触れることがとても難しい。
・いざ見てもらえたら、信頼してもらえるように・買いたいと思ってもらえるように載せる情報・写真を工夫しましょう