日本放送協会(NHK) インターン

就活生の中には、テレビ業界に興味のある人も多いのではないでしょうか。
今回はその中でもNHK(日本放送協会)についてお話していきたいと思います。

テレビを見ているとなんとなくNHKと民放の違いを感じることがあるのではないでしょうか。
でも、何が違うのかよく分かっていない・・という人の為にその違いからお話していきましょう。

実は、そのシステムも、作れる番組の内容も民放とは大きく違うのです。

まず、NHKと民放との1番大きな違いは、「運営の仕方」でしょう。
NHKは、「公共放送」であり、全国にひろく放送を普及させ、豊でよい番組による放送を行うことなどを目的とし、放送法の規定により設立された法人、いわゆる「特殊法人」です。

公共放送というのは、何かに影響されることなく、公平性を一番に重んじて放送する放送のことで、国営放送とは違います。
国営放送とは、国が管理・運営する放送のことで、国家機関の一部局として放送を担い、社会主義国や、開発途上国の放送機関の多い放送事業体です。
また、NHKの特徴としては受信料を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。
こちらもNHKと民放の違いで、民間放送は制作費などはスポンサーから募っています。
スポンサーはコマーシャルのために広告費を払い、その広告宣伝費をテレビ番組の制作費や運営にあてています。

日本放送協会(NHK)
https://www.nhk.or.jp/
NHK インターンシップ
https://www.nhk.or.jp/saiyo/intern/
外資就活 NHK内定者に聞く! 特別な経験がなくても内定を獲得する方法【18卒就活生が語る(8)】
https://gaishishukatsu.com/archives/105063